2018/01/07

諏訪未知 グループ展『絵画の現在』のお知らせ

お世話になっている友人で作家の諏訪未知さんが府中市美術館でのグループ展に参加いたします。楽しみです。以下詳細です。
 
『絵画の現在』
今日のわたしに、会いにいく。
府中市美術館は2000年秋の開館以来、展覧会や公開制作プログラムを通して、現代の絵画を積極的に紹介してきました。その成果の継承・発展を目的に、絵画の「いま」を、個性豊かな7名プラス1名の作品に探る展覧会です。
 会場には、風景に人物、抽象表現に立体が少し、()ぶりのスケッチから体を包み込むような大画面まで、形式も大きさも実に多様な「絵画」が並びます。鮮やかな色に溺れ、力強いストロークのしぶきを浴び、時に知的なゲームに思いを巡らす。冬の府中にいっとき出現する絵画の海原に、どうぞ身と心を浸してみてください。今日のお気に入りがみつかり、明日のあなたの力となれば嬉しい限りです。

 
●出品作家
今井俊介
木村彩子(さいこ) +近藤恵介
近藤亜樹
白井美穂(みお)
諏訪未知
津上みゆき
福士朋子

 
●展覧会概要
会期 2018年1月13日(土曜日)から2月25日(日曜日)まで
休館日 2月12日をのぞく月曜日、2月13日(火曜日)
開館時間 午前10時から午後5時(入場は午後4時30分まで)
観覧料 一般700円(560円)、高校生・大学生350円(280円)、小学生・中学生150円(120円)注記:( )内は20名以上の団体料金。
注記:未就学児および障害者手帳等をお持ちの方は無料。
注記:府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」で無料。
注記:常設展もご覧いただけます。

主催 府中市美術館
 ●アーティストトーク
近藤亜樹 1月13日(土曜日)午後2時から。企画展示室。
近藤亜樹監督作品『HIKARI』上映会 1月13日(土曜日)午後3時から。講座室。
今井俊介+木村彩子 1月21日(日曜日)午後2時から。企画展示室。
白井美穂(みお)+諏訪未知 2月4日(日曜日)午後2時から。企画展示室。津上みゆき+福士朋子 2月11日(日曜日)午後2時から。企画展示室。注記1:アーティスト・トークは参加無料、企画展観覧料が必要です。予約不要。
注記2:上映会は参加無料、予約不要です。


 
● 絵画をめぐるトーク
日時・場所 2月25日(日曜日) 午後2時から 講座室
 
出演 出品作家、ゲスト注記2:参加無料、予約不要です。





















      





























































































































油井瑞樹個展 『分節と浸透2 - 雨刻 -』のお知らせ

お世話になっている友人の油井瑞樹くんの企画展示のお知らせです。私も展示を楽しみにしています

油井瑞樹 展
分節と浸透2 - 雨刻 -

 よく散歩に行く近所の公園には欅の樹が4本、四角を描くように近接して立っている。その地面の中心部付近には子どもか犬かが掘ったかのようなぺこっとした凹みがあった。しかし掘ったにしては緩やかなカーブを描いている。
もしやと思い見上げると、その凹みの真上にはぽっかりと葉と葉が重ならない空間があった。4つの欅の梢に切り取られた空である。その日は曇りであったため、グレー1色の薄っぺらな、今にもはがれ落ちそうなかたちの空だった。
そう、私の足元にあるこの凹みは雨によるものだったのだ。いったいどれほどの雨粒と時間が必要だったのだろう。私は薄っぺらな空、凝縮された凹みと4本の欅がつくりだした時間と空間の神殿に囚われた。畏怖と安心感に包まれながら。

ふっと、そばを通るバイクの音で我に返った。
きっとこの凹みは危ないからという理由で公園の管理者に埋められてしまうだろう。しかし私はこの神殿にいつでも訪れることができる。大雨の日が待ち遠しい。
私はこの神殿に雨刻という名前をつけて公園をあとにした。
 
場所 TOKI ART Space
住所 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
時間 11:30-19:00 (最終日17:00まで) 水曜休廊
TEL/FAX 03-3479-0332
2018年1月8日(月)~1月21日(日)
11:30-19:00 (最終日17:00まで)

2018/01/02

アトリエ改装中

年末・年始も特に無く過ごす日々

untitled

untitled

untitled

HONDA BEAT